ABA家庭療育と旅育のブログ

マイノリティな息子との日々。心配事たくさんの子育てですが、家族みんなが楽しく笑って過ごすためのブログ。

息子3歳 本格的にABA家庭療育開始から約半年の効果は?!療育開始時期の大切さとは?!

 

 2歳から療育機関と繋がり、ABAを初めて約半年。

何歳からABA療育を始めたら効果的か?!

息子の体験談と共に、親目線の感想です。

 

 

ABA家庭療育開始半年!言葉の成長は?!

息子はABA家庭療育を始めて半年で格段に言葉が増えました!

3語文話すようになりました。

「ママ、こっちへ来て」というような3語文です。

これが一番嬉しかったです。

「ママ」と呼んで欲しかったし、会話がしたかった。

まだ会話とまではいきませんでしたが、要望を伝える事ができるようになっただけでも雲泥の差です。



家庭療育としてABAのセラピーを始めた半年ほど前は、単音すら出す事が難しかったのです。

「か」行が言いにくいなど、色々その子その子によって違いますが、息子は「ま」の発音ができなかったです。

そこで、「ま」は「んーま」という感じで、「ま」という音を出しやすくしたり工夫をして、一音一音取り組みました。

 

やっぱり早期療育が効果的?!

療育は一般的に、早期に開始した方が効果的だと考えられています。

言葉や、コミュニケーション能力を獲得するには、2〜4歳の幼児期からABAを行う事が、一番効果的だと思います。

 

個人的にもABAは言葉の遅れがある子や、発語がない子供にとても効果的だと思います。

気の遠くなるようなスモールステップでの教え方ですが、確実に言葉を獲得していったのが、わかります。

 

小学生以降にABAを始めても効果はありますが、幼児期ほどの効果はありません。

ABA集中療育を行っても音声言語の獲得は難しいとされています。

 

息子3歳のお誕生日!これもABA効果?!素敵なレストランでお祝い?!

 

 

まだまだ課題の多い息子ではありましたが、息子の誕生日は、ファミレスでもなく、素敵なレストランでお祝いする事ができました。

今まで息子は癇癪もひどかったため、買い物にも行く事ができませんでした。

言葉の面だけでなく、少しずつですが、生活面でもABAを取り入れていた効果ではないかなと思います。

何事もなく素敵なレストランで過ごせた誕生日は 我が家にとっては、素晴らしい出来事でした。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村