ABA家庭療育と旅育のブログ

マイノリティな息子との日々。心配事たくさんの子育てですが、家族みんなが楽しく笑って過ごすためのブログ。

本格的につみきの会にてABA療育始動?!テキストとグッズの紹介

 

 

つみきの会入会時のテキストとグッズ

つみきの会に入会する時に購入必須のメインテキスト「つみきBOOK」の他に、

DVDの方がセラピーのやり方などわかりやすいと思いDVD、

具体的なやり方が書いてある、「つみきテキスト」を購入しました。

f:id:abamama:20190614234152j:image

金額等は、私が購入した時と変わっているため、HP確認お願いします。

http://www.tsumiki.org/

 

どれも会員にならないと購入できません。

 

他にもセラピーで使えるグッズなども販売しています。

 

息子2歳7ヶ月、とうとう来る?!つみきの会のセラピストさんとは?!

息子2歳7ヶ月の時に待ちに待ったつみきの会の新人のセラピストさんが

我が家に来てくれることになりました!



つみきの会の訪問セラピーの流れとしては

週2日、2時間ずつ担当のセラピストさんがセラピー行います。

1日はキャンセル料なしでキャンセル可能。

 

3ヶ月くらいに一度、SV(スーパーバイザー)の方が、セラピストさんの

セラピーを見に来てくれ、進捗などをチェック。

アドバイス等の報告書を提出してくれます。

担当セラピストさんだけでなく、ダブルでセラピーのやり方などチェックしてもらえるので、安心です。

 

セラピストさんはつみきの会での研修は受けていますが、

特に公的な資格などはないです。



家庭療育も本格始動?!忍耐力が大事

つみきの会のABA訪問セラピーが始まったということは、

家庭療育も始まります。

朝晩1時間ずつのABAホームセラピーです。

最初は「座ること」から始まります。

とても大変でした。

 

なおかつ、当時ロバースが唱えていたのは、週40時間のセラピーです。

足元にも及びません。

1日6時間あまりのセラピーをすることになるのですから。

 

半年どころか数日で私は根を上げていました。

 

しかし、セラピストさんが良き理解者、相談相手となってくれたことにより、

なんとか続けることができていたと今思います。