ABA家庭療育と旅育のブログ

マイノリティな息子との日々。心配事たくさんの子育てですが、家族みんなが楽しく笑って過ごすためのブログ。

要注意!?療育事業所の見学で確認しておきたい3つポイントとは?

 

当たり前ですが、全てが完璧な療育事業所はいくら探してもないと思います。

最終的には通ってみないとわからない。

合う合わないも結局は通ってみてからでないとわからないですが、

色々な事業所がありました。

体験してきたから分かる、「療育事業所の見学」の3つのポイントをお伝えします。

 

療育事業所の見学のポイント1】HPの内容通りの療育ですか?運動療育特化型の実態

療育事業所は、やっぱり自分の目で確かめることが必要!

 

HPには運動療育特化!と大大的に書いてあったのに、行ってみたら運動はやったりやらなかったりで(本人がやるって言ったら)内容もバランスボールとトランポリンのみで家庭にあるものと同じで、特にここでしかできない内容ではなかった。

 

【療育事業所の見学のポイント2】安全面がいちばん大事。安心して通えるところか

やっぱり子供には安心して通ってほしい。

 

見学に行ったら、広めの部屋にトランポリンと、バランスボール。

同じ部屋に宿題や書道をするテーブル。

おもちゃなどの遊び場。

ピアノがありました。

 

何も仕切られてなく、宿題する子も書道する子もおもちゃで遊ぶ子も

ピアノの蓋を閉じたり開いたりしてる子も、ボールで遊ぶ子も

みんな一緒!

 

ちなみに私にも投げられたボールが当たりました。
安全な環境の対策をしている療育事業所かどうか?は、療育事業所の見学のポイントになります。

 

【療育事業所の見学のポイント3】トラブルは仕方がないが、起きた時の対処はきちんとしてる?

外出支援で、車の衝突事故が起きました。

なぜか、帰宅の際に家に送り届けられた時に、その旨を告げられました。

確かに大事に至ってはいないのですが、

「何かあったら病院に行ってくださいね」という対応でした。

 

ここで思うのは、事故は誰にでもどこでもありうることですし、幸い大事に至らなかったので、良いのですが、まず事故が起きた時に親に連絡しなかったこと。

 

そして、事業所には必ずかかりつけの医療機関があるはずなのに、病院に連れて行かなかったこと。

 

何かトラブルが起きた時こそ、しっかりとした対応をしてほしいなと常々思います。
見学での判断はなかなか難しいですが、療育事業所の選び方のポイントです。